看護師から人材コーディネーターに転職するために知っておきたい3つのコツ

アドバイザーのリオです。

看護師として働いている人の中には、異業種への転職に興味を持っている人もいるのではないでしょうか?

看護師の中には、オフィスでスーツを着て働くことに憧れている人も少なくありません。

看護師から人材コーディネーターへの転職となると不安も大きいと思いますが、看護師であっても人材コーディネーターへの転職は可能です。

今回は、看護師から人材コーディネーターに転職するコツについてお伝えします。

リオ

人材コーディネーターの仕事とは?

人材コーディネーターの仕事は、派遣会社に登録された人を企業にマッチングさせる仕事です。

人材コーディネーターは派遣会社に登録された人の条件などからマッチした企業を探すパターンと、企業の希望条件から条件にあった人を探すパターンがあります。

条件にマッチした場合は、コーディネーターから登録者へ仕事の紹介という形で連絡を取り、企業に紹介します。

派遣会社に登録されている登録者の希望と企業を上手くマッチングさせることが、コーディネーターの腕の見せどころでもありやりがいに感じる人もいます。

リオ

気になる人材コーディネーターの年収は?

人材コーディネータの年収は約200〜500万円が平均となっており、就職先の規模などによっても差があります。

医療分野などの専門知識が必要になる職場では、専門知識を活かして給料アップが狙えることもあります。

スポンサーリンク

看護師から人材コーディネーターに転職はできる?

看護師から人材コーディネーターに未経験で転職することは可能です。

看護師から人材コーディネーターへの転職してしまうと、給料や待遇が悪くなってしまうのでは?と不安に感じている人もいると思います。

最初は看護師より給料が低くなってしまうこともありますが、人材コーディネーターの仕事は自分の頑張りを評価してもらえる仕事でもあるので、看護師時代より稼ぐことも期待できます。

また、役職などがつくと給料アップもできるので、看護師時代より早く昇進することも可能です。

未経験の転職は早い方が良い理由

先ほどは看護師から人材コーディネーターへの転職は可能だとお伝えしましたが、未経験で異業界へ転職するためには、出来るだけ早く転職することがおススメです。

未経験の場合は、経験者と比べると一から教育が必要になるため、企業側としては若い人を採用したいと思っているのが本音です。

「未経験OK」と募集している企業の中には、未経験者は30歳までなどのようにルールを設けているところも少なくありません。

未経験からの転職は、若さも注目されるポイントになるので、人材コーディネーターに転職したいと考えている人は、出来るだけ早く転職活動を行うことが大切です。

スポンサーリンク

看護師から人材コーディネーターに転職したい理由とは?

看護師から人材コーディネーターに転職したいと考えている人の理由には、どのようなものがあるのでしょうか?

  • 看護師の気持ちが分かるので良い提案ができると思ったから
  • 人材サービスに興味があったので
  • 夜勤がない一般企業で働きたいと思った
  • 自分の頑張りを評価してもらえるのが良いと思った

看護師から人材コーディネーターに転職したいと考えている人の多くが、同じ看護師の転職のサポートができる点に魅力を感じている人が多いです。

自分の頑張りを給料で評価してもらえる点や夜勤がない部分を理由にあげる人も多いです。

リオ

未経験から人材コーディネーターに転職するための3つのコツ

看護師から人材コーディネーターへの転職は難しいのでは?と思っている人もいるかもしれません。

人材コーディネーターは、看護師のように資格が必要ない仕事なので求人数も多いです。

そのため、看護師から人材コーディネーターへ転職した人からはこんな声も聞かれます。

「自分の頑張りを評価してもらえて嬉しい。」

「病院と違って一般企業は体制が整っているので安心できた。」

未経験から人材コーディネーターに転職するためのコツを見ていきましょう。

人材コーディネーターに求められることを知っておこう

人材コーディネーターとして働くためには、人材コーディネーターに求められることを知ることが大切になります。

人材コーディネーターの募集に対して看護師の経験をアピールしても、求められるスキルが異なるので採用される確率が低くなってしまいます。

人材コーディネーターに求められるスキルは、以下の3点です。

  1. コミュニケーションスキル
  2. ヒアリングスキル
  3. 丁寧な対応とビジネスマナー
人材コーディネーターは転職者などに仕事先の紹介を行う仕事であり、様々な人と関わるためコミュニケーションスキルが求められます。

また、求職者や希望者がどのような条件の職場を希望しているかなどを的確に聞き出すことも必要になるので、ヒアリングスキルも必要になります。

そして、転職希望者や紹介先の病院、企業など良い関係を築くためにも丁寧な対応やビジネスマナーも必要になる仕事です。

未経験でも働きやすい人材コーディネーターの職場は?

人材コーディネーターの仕事は、特別な資格も必要ないので未経験から働くことができます。

比較的女性も活躍している業界なので、女性が働きやすい体制を整えている企業も多いです。

しかし、中には「未経験OK・教育体制が整っている」と記載されていても、実際は全然整っていない企業もあるので、事前に見極めることが大切です。

見極めるポイントとしては、スタッフの人数がしっかり確保されている職場を選ぶことです。

スタッフが少ない職場は人手不足であり、新人教育まで手が回らないことが考えられます。

事前にオフィス内を見学させてもらい、スタッフの人数や雰囲気を知ることが大切です。

リオ

人材コーディネーターへの転職でアピールできる看護師のスキルは?

看護師から人材コーディネーターに転職すると看護師の経験を活かせない、と思っている人もいるのではないでしょうか?

異業種からの転職であっても、前職の経験を活かそうとする姿勢は、転職先にとって評価が上がるポイントにも繋がります。

例えば、看護師から人材コーディネーターへ転職するときに活かせるスキルは以下のようなものが挙げられます。

  • コミュニケーションスキル
  • 仕事に対する責任感
  • 細かい気配りや心遣い

患者さんと関わる看護師は、コミュニケーションスキルも高く、仕事に対する責任感も身についているので、一般企業でも高く評価されるスキルになります。

また、患者さんへの細かい気配りや心遣いは、どんな仕事であっても重宝される人材であり、アピールポイントになります。

このように、看護師から人材コーディネーターへ転職するためには、業界の勉強や企業選びなどが必要になります。

でも、会社の数も多く業界研究や企業選びは1人で行うとなると大変…。

そこで、未経験の転職だからこそ、転職エージェントをうまく活用することをオススメします。

看護師から人材コーディネーターに転職するなら転職のプロに相談

未経験で看護師から人材コーディネーターに転職するのは不安も大きいと思います。

転職に失敗しないためには業界研究や企業について調べておく必要がありますが、転職エージェントに相談することで、自分に合った転職先を紹介してもらえます。

20代であればマイナビジョブ20’sがオススメ



マイナビジョブ20’sは20代の転職に特化したサービスを提供しています。

  • 20代(24〜29歳)に特化した求人を紹介してもらえる
  • 非公開求人が80〜90%でマイナビ限定の求人も多い
  • 転職活動のスタートから終わりまで徹底サポート
20代で転職を考えている人は、マイナビジョブ20’sで相談する事がオススメです。

公式サイトはコチラ▼

求人探しや適性、面接のコツ、日程調整までしっかりサポートしてくれるので安心です。

ただし、サポートエリアが、東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・京都・愛知・兵庫・奈良・滋賀に限定されています。

このエリアで転職する人は、マイナビジョブ20’sに相談すれば安心です。

マイナビジョブ20’sで相談

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です