看護師を辞めて良かったことは?後悔したことはある?

アドバイザーのリオです。

看護師として働いている人の中には、看護師を辞めて他の仕事に転職したいと考えている人もいるのではないでしょうか?

でも、せっかく看護師として働いているのに、辞めたら後悔しそうと思っている人もいるはず。

看護師から他職種への転職は不安も大きく、勇気がいりますよね。

今回は、看護師を辞めて良かったことや後悔したことについてお伝えします。

リオ

看護師を辞めた理由とは?

私リオも以前は看護師として病院で勤務していました。

看護師としてのキャリアを積みたくて病院から病院への転職も経験しています。

看護師の仕事も好きだったのですが、やっぱり一般企業でスーツを着て働きたい!新しいことにチャレンジしたい!という思いがありました。

看護師の職場も好きだったのですが、人生は一度きりなので思い立って自分のやりたいことを優先させるため、看護師を辞めました。

もちろん周囲の反対もありましたが、後悔したくない思いが強かったです。

スポンサーリンク

看護師ではなく他職種への転職を選んだ理由

私は病院から病院への転職も経験していますが、それでも他職種を選んだ理由は、「新しいことにチャレンジしたい!」と思ったからです。

看護師としてキャリアを積んでいく選択肢もあったのですが、自分の人生を考えた時に変化や刺激が欲しかったのだと思います。

看護師以外の仕事に興味があった

元々学生時代から看護師を目指して看護師になったのですが、周囲の友人が一般企業に勤めている姿を見て、看護師以外の仕事にも興味を持っていました。

看護師は白衣で仕事をしますが、オフィスでスーツを着て働くキャリアウーマンに憧れを持っていました。

また、看護師は女性ばかりの職場ですが、男性スタッフが一緒に仕事をしている環境にも憧れがありました。

スポンサーリンク

看護師を辞めて良かったこと

私、リオは看護師を辞めて他職種に転職をした経験がありますが、看護師を辞めて良かったことをあげていきます。

規則正しい生活が送れるようになった

看護師として働いていた頃は、夜勤、日勤の繰り返しの変則シフトだったので、体調を崩してしまうことも多かったです。

しかし、一般企業に転職してからは日勤帯のみなので規則正しい生活が送れるようになり、肌荒れなどのトラブルから解放されました。

また、カレンダー通りの出勤だったので休日の予定を立てやすく、充実した日々を送ることができたのが嬉しかったです。

リオ

病院以外の外の世界を知れた

看護学校を卒業してから病院でしか勤務したことがなかったので、一般企業に転職して外の世界を知れたことは大きかったです。

残業代がしっかり支払われることや教育体制がしっかりしていることなど、病院では考えられないほど体制が整っていて驚きました

今までは病院が基準になっており、病院だから大丈夫と変な確信がありましたが、一般企業の体制を知って世界が広がりました。

一般常識、ビジネスマナーが身についた

看護師として働いていた頃も患者さんへの対応や常識は身についていると思い込んでいましたが、一般企業で働き出しから身についていないことを実感しました。

病院で勤務していた頃は患者さんとの関わりでしたが、今度はお客様との関わりになるので、一般常識やビジネスマナーの必要性を痛感しました。

一般企業に転職したおかげで、看護師では身につけられなかったスキルを身につけることができて良かったです。

看護師を辞めて後悔したこと

他職種への転職で良かったことも多いですが、一方では後悔したこともあります。

給料が低くなった

看護師時代は夜勤に入っていたので、同年代よりも稼ぎが多く年収も高かったです。

しかし、他職種への転職となるとキャリアが考慮されないため、どうしても最初は給料が低くなってしまいます。

一般企業の給料体系を知って、看護師はかなり稼いでいるんだなと実感したことも新鮮でした。

基本給もそうですが、看護師の稼ぎは夜勤手当が大きいですよね。

看護師の経験を活かせない

看護師を辞めて他職種への転職となると、今まで身につけた看護師といての経験を生かすことができません。

採血やルート確保などの技術も必要なくなるので、せっかく身につけたのに…と少し寂しくなることも。

新しいことに挑戦する大変さ

看護学生から看護師への変化は、正直私はそれほど大変に感じることはありませんでした。

でも、看護師から全くの異業界への転職では、ゼロからのスタートになるので新しいことに挑戦する大変さを実感しました。

今までの経験が生かせず、覚えることも多かったので、最初は大変でしたが刺激的で楽しむことができました

仕事は看護師だけではない

看護師として働いている人の中には、せっかく看護師免許を取ったんだから嫌でも続けなきゃと考えている人もいるのではないでしょうか?

看護師は看護師免許を持っているので、看護師として働くことができますが、仕事は看護師だけではありません

看護師の仕事が嫌い、合わないと感じる人は、体調を崩してしまう前に新しい道を見つけることも方法の一つです。

リオ

やる気があれば他職種に転職できる

看護師から全くの異業界への転職はできないと思っている人もいると思いますが、やる気があれば他職種への転職は可能です。

「看護師免許を持っているのになぜ?」と面接で言われることもあると思いますが、やる気が伝われば「看護師」を理由に不採用になることは少ないです。

他職種に転職するなら早めに行動することが大切

今は看護師として働いている人の中には、看護師を辞めて違う仕事をしたいと考えている人もいると思います。

看護師は専門職なので年齢よりキャリアが重要視されますが、異業界への転職は年齢も重要なポイントになります。

他職種への転職を考えているのであれば、早めに行動することが大切になります。

リオ

若さも大きな武器になる

異業界からの転職となると、未経験でゼロからのスタートになるため教育が必要になります。

企業としては出来るだけ長く活躍して欲しいと考えているため、若い人を欲しがる傾向があります。

未経験の場合は、30歳までしか採用しないなどのルールを設けているところもあるので、早めに行動することが重要です。

異業界に転職するなら転職のプロに相談

未経験で看護師から異業界に転職するのは不安も大きいと思います。

転職に失敗しないためには業界研究や企業について調べておく必要がありますが、転職エージェントに相談することで、自分に合った転職先を紹介してもらえます。

リオ

20代であればマイナビジョブ20’sがオススメ



マイナビジョブ20’sは20代の転職に特化したサービスを提供しています。

  • 20代(24〜29歳)に特化した求人を紹介してもらえる
  • 非公開求人が80〜90%でマイナビ限定の求人も多い
  • 転職活動のスタートから終わりまで徹底サポート
20代で転職を考えている人は、マイナビジョブ20’sで相談する事がオススメです。

求人探しや適性、面接のコツ、日程調整までしっかりサポートしてくれるので安心です。

ただし、サポートエリアが、東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・京都・愛知・兵庫・奈良・滋賀に限定されています。

このエリアで転職する人は、マイナビジョブ20’sに相談すれば安心です。

マイナビジョブ20’sで相談

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です