看護師が他職種に転職するときに聞かれる5つの質問と回答例

アドバイザーのリオです。

看護師として働いている人の中には、看護師以外の仕事に転職したいと考えている人もいるのではないでしょうか?

看護師以外の仕事への転職となると、面接で聞かれる質問が気になりますよね。

時には答えにくい質問をされることもあるので、不安に感じている人もいるかもしれません。

面接の受け答えの内容は合否に大きく影響してしまうこともあるので、失敗したくないと考える人も多いですよね。

今回は、看護師が他職種に転職するときに聞かれる5つの質問と回答例についてお伝えします。

リオ

看護師から他職種への転職は不利?

看護師から他職種への転職は「難しそう」「不利なんじゃない?」と思っている人もいるかもしれません。

看護師は専門職なので、他の仕事となると採用されにくい感じがしますよね。

看護師から他職種への転職となると未経験の扱いになるので難しい部分もありますが、他職種への転職は不可能ではありません。

実際に看護師から他職種への転職を成功させている人もたくさんいます。

リオ

未経験スタートは早めの転職がポイント

看護師から他職種への転職は、未経験からスタートになるので早めの転職がポイントになります。

未経験で採用を行う場合は、教育などに時間がかかるため出来るだけ若い人を採用したいと考えているのが本音です。

看護師は国家資格の仕事なので年齢よりも資格が重要視されますが、一般的な仕事は年齢の方が重要視される傾向があります。

そのため、他職種に転職して未経験からスタートする場合は、転職を成功させるためにもできるだけ早めに転職することが大切になります。

スポンサーリンク

看護師が他職種に転職するときに聞かれる5つの質問と回答例

ここでは、看護師が他職種に転職するときに聞かれる5つの質問と回答例について紹介していきます。

面接官の知りたいポイントも合わせて紹介するので、参考にしてみてくださいね!

リオ

スポンサーリンク

【質問1】なぜ看護師を辞めようと思ったのですか?

看護師から他職種への転職の時には、ほぼ100%聞かれるのが”辞めた理由”です。

看護師を辞めたいと思っている理由は人それぞれで、答えにくいと感じる人もいますよね。

ここでのポイントは、どんな内容であっても前向きな内容で伝えることです。

面接官の知りたいポイント

この質問から面接官が知りたいポイントとしては、転職に対する本気度や考え方です。

例えば、人間関係が原因で辞めたと答えた場合は、新しい転職先でも人間関係がうまく築けないのではないかなどの印象を持たれてしまいます。

また、はっきりした理由がない場合は、転職に対する本気度が低いと思われることもあります。

このように内容によって、面接での評価にも影響するのでしっかり対策することが大切になります。

【質問1】の回答

【質問1】の回答としては、下記のような例えが挙げられます。

「看護師として経験を積んできましたが、〇〇の仕事を経験して自分のスキルアップにつなげたいと考えているので、看護師から転職しようと思いました。」

看護師を辞める理由は人それぞれですが、スキルアップに繋げたいなど前向きに答えることが大切になります。

リオ

【質問2】看護師よりも年収が下がりますが大丈夫ですか?

一般企業への転職となると未経験からのスタートになるので、看護師時代よりも年収が下がってしまうことがあります。

年収が下がってしまう場合は、上記のような質問をされることがあります。

面接官の知りたいポイント

給料面での不満で辞めてしまう人も多いので、事前に理解しているのか確認しておきたいと面接官は考えています。

年収が下がってでも転職したいと考えていることで、転職に対する本気度を確かめたいと思っています。

【質問2】の回答

【質問2】の回答としては、下記のような例えが挙げられます。

「看護師の時よりも年収が下がってしまうことは理解しており、それでも〇〇の仕事をしたいと考えています。」

看護師以外の仕事となると年収が下がってしまうことは仕方ない部分もありますが、理解していることと前向きに答えることが大切になります。

【質問3】この先看護師に戻ろうと考えていますか?

看護師は国家資格であり免許があれば働ける仕事なので、ブランクがあっても復帰しやすい仕事ですよね。

もしかしたら、別の仕事を経験して合わなかったら看護師に戻れば良いと考えている人もいるかもしません。

面接官の知りたいポイント

この質問では、すぐに辞めてしまう可能性があるかどうかを知りたいと考えています。

採用する側としては採用後も長く活躍してほしいと考えているので、すぐに辞めてしまいそうな人を見極めたいと思っています。

そのため、看護師を辞めて他職種への転職に対して本気度の高さなどを確かめています。

【質問3】の回答

【質問3】の回答としては、下記のような例えが挙げられます。

「もし採用されたら、この会社で精一杯長く頑張っていきたいと思っています。」

採用されたら長く働きたいと考えていると、意思をハッキリと伝えることが大切になります。

【質問4】看護師から別の仕事への転職は周りに反対されなかったですか?

看護師を辞めて別の仕事への転職は、家族や周りの人に反対されることもあると思います。

反対されての転職では、なかなか前向きになれないこともありますよね。

面接官の知りたいポイント

転職に対する周囲の反応を知ることで、家族関係や前向きな転職であるかどうか知りたいと考えています。

反対されての転職の場合は、家族の反対を理由に内定の辞退や早期退職の可能性も高くなります。

リオ

【質問4】の回答

【質問4】の回答としては、下記のような例えが挙げられます。

「最初に家族に転職の話をしたときは反対されましたが、何度か話し合い、今では転職には納得して応援してくれています。」

反対されたけど今では納得していると伝えることで、転職先にも安心感を与えることができます。

【質問5】看護師を辞めた後のキャリアプランをどのように考えていますか?

転職を考えている人の中には、とりあえず看護師を辞めて違う仕事に転職しようと考えている人もいるかもしれません。

他職種への転職では聞かれることが多い質問なので、しっかり答えることがポイントになります。

面接官の知りたいポイント

看護師から他職種への転職に対して、無計画な転職ではなく、計画性を持っているかを知りたいと思っています。

キャリアプランがハッキリしていない場合は、無計画な転職でまたすぐに辞められてしまうかもしれないなどの不安を持たれてしまいます。

そのため、計画性を持った転職であることを伝えることがポイントになります。

リオ

【質問5】の回答

【質問5】の回答としては、下記のような例えが挙げられます。

「もし採用されたら、この会社でスキルを積んで半年後には、業務を一人で任せられるように成長したいと考えています。」

このように具体的な年数などを伝えることで、計画性をもった転職であることを伝えられます。

面接での受け答えは合否に影響する

面接では様々な質問をされますが、どのように答えて良いのか分からない人もいると思います。

面接での受け答えは合否に影響することもあるため、失敗したくないですよね。

リオ

転職に対する本気度や真剣さを確かめている

面接での質問は、転職に対する本気度や真剣さなどを確かめるために行われることがあります。

面接はお互いを知る機会ですが、面接官は限られた時間の中で応募者を理解しなければならないので様々な質問をしてきます。

質問の受け答えの内容によっては、ミスマッチが生じることもあるので採用が難しいと感じられることもあります。

転職を成功させるためには面接対策が必要

転職では面接がありますが、面接の内容で合否が決まると言っても過言ではありません。

転職を成功させるためには、面接対策が必要になります。

質問に対する答えをしっかり考えておく

面接対策と言っても、どのようなことをすれば良いのか分からない人もいると思います。

質問に対する受け答えをしっかり考えておくことで、面接当日にしっかり対応することができます。

面接対策は1人では難しいですが、転職のプロに相談することでしっかりサポートしてくれます。

転職エージェントは面接対策から模擬練習までトータルでサポートしてくれるので、面接対策もバッチリです。

リオ

転職の面接に不安があるときは?

転職活動をしている人の中には、転職が初めてで面接も不安に感じている人もいると思います。

中途採用の面接は職種によってはハードルが高くなるため、しっかり対策を行うことが必要になります。

面接に不安があるときは、転職アドバイザーに相談することで面接の練習から面接対策までしっかりサポートしてくれます。

転職アドバイザーは転職に関してプロなので、気になる面接の質問の相談にも乗ってくれます。

リオ

20代であればマイナビジョブ20’sがオススメ



マイナビジョブ20’sは20代の転職に特化したサービスを提供しています。

  • 20代(24〜29歳)に特化した求人を紹介してもらえる
  • 非公開求人が80〜90%でマイナビ限定の求人も多い
  • 転職活動のスタートから終わりまで徹底サポート
20代で転職を考えている人は、マイナビジョブ20’sで相談する事がオススメです。

マイナビジョブ20’sの登録はコチラ▼

求人探しや適性、面接のコツ、日程調整までしっかりサポートしてくれるので安心です。

ただし、サポートエリアが、東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・京都・愛知・兵庫・奈良・滋賀に限定されています。

このエリアで転職する人は、マイナビジョブ20’sに相談すれば安心です。

マイナビジョブ20’sで相談

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です