転職初日の持ち物は?初出勤で必要な持ち物と当日のスケジュールについて

アドバイザーのリオです。

転職の初日は何を持って行けば良いのか分からない人もいるのではないでしょうか?

看護師であれば入職前に病院側で保険関係の手続きをしてくれていることが多いですが、一般企業の場合は入社日に行われます。

そのため、入社当日に手続きを行うための書類が必要になります。

今回は、初出勤で必要な持ち物と当日のスケジュールについてお伝えします。

リオ

初出勤に必要な持ち物は会社によって違う

転職先の初出勤の日に必要な持ち物は、会社によって異なります。

筆記用具などの基本的な持ち物は必要になりますが、手続き関係の書類などは会社によって異なるので事前に確認しておきましょう。

事前に転職先に確認しておくことが大切

初出勤の日に必要な持ち物が分からない場合は、出社日より前に転職先に確認しておくことが大切になります。

確認方法としては、内定の電話をもらったときに聞いておくことが一番効率的ですが、メールや電話で問い合わせすることで教えてもらえます。

電話をかけるときは、採用担当者の方に繋いでもらうよう伝えるとスムーズに進めることができます。

また、採用担当者とメールでやりとりしている場合は、メールで問い合わせをしても良いですが、日にちが経っても返信がもらえない場合は電話で問い合わせをしましょう。

リオ

「特に必要なものはない」は要注意!

転職先に問い合わせた時に「特に必要なものはない」と言われることがあります。

「特に必要なものはない=持参物がない」ということではないので、注意が必要になります。

転職の初出勤の日に入社手続きを行う会社も多く、それらの必要書類は当たり前と認識しているところも多いので、必ず必要になる書類関係は聞いておきましょう。

スポンサーリンク

初出勤の日に持っておきたい基本の持ち物

初出勤の日は緊張もあり何を持って行けば良いのか分からない人もいると思いますが、基本の持ち物について確認しておきましょう。

筆記用具(ボールペン)

筆記用具は基本中の基本ですが、書類などに記入することも多いので、油性の黒のボールペンを1本入れておきましょう。

また、メモを取る時に4色ボールペンがあれば便利です。

メモ帳

初日はオリエンテーションや研修があるので、メモを取ることもあります。

移動しながら説明を受けることもあるので、ポケットに入るサイズの小さめのメモ帳があると使いやすいです。

印鑑

手続きの際に必要になることがあるので、印鑑を持参しておきましょう。

契約書への捺印などで必要になることがあります。

腕時計

研修中などはスマートフォンを見ることができないので、腕時計があると時間の確認がしやすいです。

クリアファイル

契約書の控えなど書類を受け取ることがあるので、クリアファイルがあると書類を綺麗に持ち帰ることができます。

大きめマイバッグ

転職先によっては、初出勤の日に制服などを受け取ることがあるので、大きめのマイバッグがあると便利です。

折りたたみができて小さくコンパクトになるタイプのものがオススメです。

リオ

スポンサーリンク

入社手続きで必要になる持ち物

ここからは、一般的な入社手続きで必要になる持ち物について見ていきましょう。

源泉徴収票

前職でもらった源泉徴収票を転職先に提出する必要があるので、忘れないように持参しましょう。

通勤ルートと交通費

交通費の支給がある場合は、交通ルートと実際にかかる交通費の申請と手続きが必要になります。

出勤初日も後から申請することで交通費が支給されます。

マイナンバー

年末調整の書類や入職手続きに必要になるので、マイナンバーも忘れずに持って行きましょう。

住民票や戸籍抄本

会社によっては住民票の提出を求められるので、出社日に間に合うように役所に取りに行くなど準備をしておきましょう。

身元保証書

身元保証書は自分以外の人の署名や捺印が必要になる書類なので、出社日に間に合うように準備が必要です。

会社によっては、身元保証書の提出の決まりがないところもあります。

給与振込先に関する情報

給与振込先に関する情報が必要になるので、給与振込を行う銀行口座の通帳を持っておくと記入の際に困りません。

年金手帳

年金の手続きの際に必要になるので、年金手帳を忘れずに準備しておきましょう。

雇用保険受給資格証

雇用保険受給資格証は、雇用保険番号が記載されいているものであり雇用保険の手続きで必要になります。

退職時に勤務先からもらうものなので、受け取ったらそのまま転職先に提出しましょう。

(必要時)健康診断書

転職先によっては健康診断書の提出が必要になるところもあります。

病院などであれば入職前に健康診断を受けますが、一般企業では各自で受けて診断書の提出が必要になることがあります。

気になる転職初日のスケジュールとは?

転職先の出勤日のスケジュールなどが気になる人もいると思います。

会社によって内容も異なりますが、一般的な転職初日のスケジュールについて見てきましょう。

一般的には手続きと研修からスタート

一般的な転職初日のスケジュールとしては、研修やオリエンテーションなどからスタートすることが多いです。

スタッフ全員に挨拶

出勤したら担当者が出迎えてくれ、スタッフ全員に紹介&挨拶という流れになります。

短い挨拶を求められるので、何を話すか事前に考えてまとめておきましょう!

リオ

事務手続きで必要な書類提出

挨拶が終わったら事務の担当者が手続きの説明をしてくれるので、ここで手続きに必要な書類などを提出します。

忘れ物や不備があった場合は手続きに影響してしまうこともあるので、忘れ物がないようにしておきましょう。

オリエンテーション

会社内の設備や業務内容などのオリエンテーションを担当者が行います。

また、事業内容や会社についての説明なども行われます。

研修開始

業務によっては、スタッフの業務内容を見学して勉強することもあります。

また、業務によっては社内試験があり、その試験を受けるための勉強が必要になることもあります。

気持ち良く転職初日を迎えるために

転職先への初出勤は、緊張して不安になってしまうこともありますよね。

分からないことも多いですが、持ち物などは事前に必ず確認しておくことが大切になります。

初出勤が不安に感じる人は転職アドバイザーのサポートを受けることで、あなたの代わりに必要な持ち物などを聞いて調整してくれます。

また、アドバイザーが入社の日程交渉などを代わりにしてくれるので、自分のペースで入社日を迎えることができるので安心です。

転職のプロがサポートしてくれるので、疑問もすぐに解決することができます。

リオ

転職の不安があるなら転職のプロに相談

未経験で看護師から他の仕事に転職するのは不安も大きいと思います。

転職に失敗しないためには業界研究や企業について調べておく必要がありますが、転職エージェントに相談することで、自分に合った転職先を紹介してもらえます。

20代であればマイナビジョブ20’sがオススメ



マイナビジョブ20’sは20代の転職に特化したサービスを提供しています。

  • 20代(24〜29歳)に特化した求人を紹介してもらえる
  • 非公開求人が80〜90%でマイナビ限定の求人も多い
  • 転職活動のスタートから終わりまで徹底サポート
20代で転職を考えている人は、マイナビジョブ20’sで相談する事がオススメです。

公式サイトはコチラ▼

求人探しや適性、面接のコツ、日程調整までしっかりサポートしてくれるので安心です。

ただし、サポートエリアが、東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・京都・愛知・兵庫・奈良・滋賀に限定されています。

このエリアで転職する人は、マイナビジョブ20’sに相談すれば安心です。

マイナビジョブ20’sで相談

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です