看護師が他職種の面接で好印象を与える3つのテクニック

アドバイザーのリオです。

看護師として働いている人の中には、看護師をやめて他職種の仕事に就きたいと考えている人もいるのではないでしょうか?

看護師から他職種への転職となると、面接で経験がアピールできないので難しいと感じている人もいると思います。

面接では印象が重要なポイントになるので、転職を成功させるためにも面接のテクニックは押さえておきましょう。

今回は、看護師が他職種の面接で好印象を与える3つのテクニックについてお伝えします。

リオ

看護師から他職種への転職は経験がアピールできない

看護師から別の仕事への転職を考えている人もいると思いますが、他職種への転職となると看護師の経験はアピールできません。

看護師から別の仕事への転職では未経験としての扱いになるため、面接の内容が重要になってきます。

未経験として扱われるので印象が重要になる

看護師として別の病院に転職する場合は経験を活かすことができるので、面接はそれほど重要視されることは少ないです。

しかし、未経験としてのスタートになる場合は、経験以外の部分で評価する必要があるため面接が重要になります。

また、未経験の人を採用する時は、新しい環境でやっていけるのかなど様々な視点から応募者を評価しています。

そのため、看護師経験を武器にできないので謙虚な姿勢で面接を受けることも大切になります。

リオ

スポンサーリンク

面接者は応募者のどこを見ている?

面接では面接官と1対1になることも多く、どこを見ているのか気になりますよね。

ここでは、面接官が応募者のどこを見ているかについて見ていきましょう。

顔の表情や話し方

面接では第一印象が大切になりますが、顔の表情や話し方なども重要なチェックポイントになります。

面接では緊張してしまい顔も強張ってしまう人もいると思いますが、部屋に入って挨拶をするときや退出するとき、会話の合間など笑顔を心がけましょう。

笑顔ができず表情が暗いと印象も良くなくなってしまいます。

受け答えの内容

面接では受け答えの内容も重要なポイントになります。

聞かれたことだけに答えるのではなく、逆質問などをすることで積極的な姿勢を伝えることができます。

面接では緊張して思うように話せない人もいると思いますが、印象に残る内容の受け答えを行うことが大切です。

自己アピールの内容

自己アピールでは、その人の人柄や考えなどを知りたいと考えている面接官も多いです。

そのため、一般的な内容ではなく、前向きさや積極的な姿勢が伝わるようにアピールすることが大切になります。

スポンサーリンク

看護師が他職種の面接で好印象を与える3つのテクニック

看護師が他職種への面接で好印象を与えるためには、しっかり面接に向けて対策しておくことが大切になります。

看護師で身につけたコミュニケーションスキルを活かす

看護師の仕事は患者さんとのコミュニケーションが重要になるので、コミュニケーションスキルが身についていると思います。

面接では緊張してしまいますが、身につけたコミュ二ケーションスキルを活かして話をすることがポイントです。

関係ないことを話しすぎることは逆効果になりますが、話が盛り上がる程度の方が好印象を与えることができます。

コミュニケーションスキルは、看護師に限らずどんな仕事でも重要になるのでしっかり活かしましょう!

リオ

看護師の仕事で学んだことややりがいを伝える

面接での自己アピールが難しいと感じている人もいると思いますが、看護師の仕事で学んだことややりがいをエピソードとして伝えることも効果的です。

仕事に対する姿勢や気持ち、やる気などを自然な形で好印象を与えることができます。

例えば、「看護師の仕事を通して身につけた責任感を活かして、新しいことにチャレンジしたいと思います」などの伝え方も方法の一つです。

自分のキャリアプランをしっかり伝える

看護師から他の仕事に転職する時は、看護師の経験を活かすことができず新たなスタートになります。

そのため、自分の考えているキャリアプランをしっかり伝えることで、転職に対しての本気度が伝わり好印象を与えることができます。

面接の時に伝えられるようにしっかり準備ておきましょう。

経歴よりも面接の印象が合否を左右する

看護師から別の仕事への転職となる場合は、経歴を見て決めるよりも面接での印象が合否に大きく影響することがあります。

未経験の場合は人柄を見て採用したいと考える面接官が多い

未経験での採用の場合は、経歴よりも人柄を重要視して採用したいと考える面接官も多いです。

その理由としては、新しい環境で頑張ってくれるのか、今いるメンバーとやっていけるのかを重要視しているためです。

そのため、コミュニケーションスキルや人柄をアピールすることが重要になります。

リオ

スキルのアピールより自己アピールが大切

看護師から別の仕事への転職となると、アピールできる部分が少ないと思いがちですが、面接ではスキルよりも自己アピールが大切になります。

特に、仕事への考え方や仕事で大切にしていること、仕事を通して実現させたい目標などを伝えることがポイントです。

看護師としてのキャリアは誇りに考えることは良いですが、転職を成功させるためにはアピールする内容を考えることが必要になります。

面接は数をこなすことで慣れることが出来る

転職の面接は、練習をして数をこなすことで慣れることが出来ます。

でも、慣れるまで何回も面接を受ける時間も余裕もありませんよね。

転職アドバイザーに相談することで、転職先選びから面接のアドバイスまでトータルでサポートが受けられます。

転職アドバイザーは様々な人の転職のサポートを行っており、転職のプロであるため的確なアドバイスを受けることができるので心強いです

転職アドバイザーに相談した人の中には、面接のアドバイスを受けられて良かったと言っている人も多いです。

リオ

転職の面接に不安があるときは?

転職活動をしている人の中には、転職が初めてで面接も不安に感じている人もいると思います。

中途採用の面接は職種によってはハードルが高くなるため、しっかり対策を行うことが必要になります。

面接に不安があるときは、転職アドバイザーに相談することで面接の練習から面接対策までしっかりサポートしてくれます。

転職アドバイザーは転職に関してプロなので、気になる面接のファッションの相談にも乗ってくれます。

リオ

20代であればマイナビジョブ20’sがオススメ



マイナビジョブ20’sは20代の転職に特化したサービスを提供しています。

  • 20代(24〜29歳)に特化した求人を紹介してもらえる
  • 非公開求人が80〜90%でマイナビ限定の求人も多い
  • 転職活動のスタートから終わりまで徹底サポート
20代で転職を考えている人は、マイナビジョブ20’sで相談する事がオススメです。

マイナビジョブの登録はこちら▼

求人探しや適性、面接のコツ、日程調整までしっかりサポートしてくれるので安心です。

ただし、サポートエリアが、東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・京都・愛知・兵庫・奈良・滋賀に限定されています。

このエリアで転職する人は、マイナビジョブ20’sに相談すれば安心です。

マイナビジョブ20’sで相談

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です