看護師経験を活かして病院からMRに転職するコツ

転職アドバイザーのリオです。

看護師として働いている人の中には、病院以外の職場で働きたいと思っている人もいるのではないでしょうか?

転職するなら病院以外でも、看護師の資格を活かした仕事がしたいと考えている人も多いと思います。

看護師からMRへの転職となると不安も大きいと思いますが、看護師としての経験があればMRへの転職は可能です。

今回は、看護師の経験を生かしてMRに転職するコツについてお伝えします。

リオ

看護師からMRに転職するメリットとは?

MRの仕事は、製薬会社に勤務して医薬品を医療機関に提案する仕事ですが、看護師からMRに転職することで以下のようなメリットがあります。

  • 病院勤務より年収アップできる可能性がある
  • 夜勤がなく休日が多い
  • 自分でプランニングして仕事を進めることができる

MRの仕事は、病院とは違って営業職になるので、営業成績に応じて大幅な給料アップも期待できます。

また、一般企業での勤務になるので夜勤がなく、病院よりも休日が多いこともメリットとして挙げられます。

そして、MRの仕事は自分でプランニングして進めることができるので、病院と比べると自由に働くことができます。

このように、看護師からMRへの転職はデメリットばかりではありません。

リオ

看護師からMRへの転職に必要なスキル

病院からMRへの転職に必要なスキルは以下のものがあります。

  • コミュニケーションスキル
  • 観察力と情報収集能力
  • プレゼン力
MRは医師や看護師などの医療者に医薬品の説明などを行うため、コミュニケーションスキルが必要になります。

また、忙しい医師が相手になるため相手の観察力や情報収集を行うスキル、分かりやすい説明を行うプレゼン力なども必要になるスキルです。

スポンサーリンク

看護師からMRに転職したい理由とは?

病院からMRに転職したい人には、どのような理由があるのでしょうか?

  • 病院以外の場所で働きたかった。
  • MRになれば稼げると思ったので。
  • 一般企業で働きたい憧れがあったのでMRを選びました。
  • 看護師経験を活かせるとおもったので。

MRに転職したい人の中には、病院以外の場所で働きたい、一般企業への憧れを理由に挙げる人も多いです。

また、MRは医薬品を扱う仕事ですが、看護師としての経験や知識を活かすことができることも、理由の一つになっています。

看護師経験を生かしながら一般企業で働けるのは、看護師にとって魅力的ですよね。

リオ

スポンサーリンク

看護師の経験を生かしてMRに転職するための3つのコツ

看護師の経験があっても病院以外の職場で働くのは難しいのでは?と思っている人もいるかもしれません。

思っているよりもMRの求人数は多いので、自分に合った職場を見つけることも可能です。

そのため、看護師からMRへ転職した人からは、このような声も聞かれます。

「看護師時代より稼げたので転職して良かったです。」

「休日もしっかりとれて残業代ももらえるので、一般企業はこんなに体制が整っていると思わなかった。」

看護師の経験を生かしてMRに転職するための3つのコツを見ていきましょう。

MRに求められることを知っておこう

MRは、医薬品を医師や看護師に説明して医療機関に販売を行う仕事です。

MRに求められることは以下の3点です。

  1. コミュニケーションスキル
  2. 向上心
  3. 仕事に対するモチベーション

MRの仕事は、医師をはじめとする医療関係者と関わるため高いコミュニケーションスキルが求められます。

また、常に新薬の発売など新しい情報を勉強し続けることが必要になるため、向上心や仕事に対するモチベーションも求められるポイントになります。

女性が働きやすいMRの職場は?

MRの募集は特別な資格は求められないため、未経験でも転職は可能です。

製薬会社の中でも国内、外資系などの種類があり、国内企業の中でも大企業や中小企業などの規模に違いがあります。

MRの業界では女性の割合はまだまだ少ないため、女性が働きやすい職場を選ぶことがポイントになります。

女性が働きやすい職場を探すためには、転職エージェントから聞くことで情報を得ることができます。

また、女性社員の数や離職率なども直接聞いて情報収集を行うことが大切です。

リオ

MRへの転職でアピールできる看護師のスキルは?

看護師からMRに転職すると病棟での経験を活かせない、と思っている人もいるのではないでしょうか?

看護師からの転職であっても、前職の経験を活かそうとする姿勢は、転職先にとって評価が上がるポイントにも繋がります。

例えば、看護師からMRへ転職するときに活かせるスキルは以下のようなものが挙げられます。

  1. コミュニケーションスキル
  2. 体力
  3. 医療に関する知識

MRにはコミュニケーションスキルが求められますが、看護師は患者さんやドクターと関わることが多いのでアピールできるポイントになります。

また、看護師のハードな仕事で身につけた体力は、どんな仕事でも必要になります。

MRは医薬品を扱うため、医療に関する知識を活かして活躍することができるでしょう。

このように看護師からMRに転職するためには、自分に合った職場を探すことが大切になります。

でも、施設の情報収集を行い、職場選びを1人で行うとなると大変…。
そこで、MRへの転職だからこそ、転職エージェントをうまく活用することをオススメします。

未経験でMRに転職するなら転職のプロに相談

未経験で看護師からMRに転職するのは不安も大きいと思います。

転職に失敗しないためには業界研究や企業について調べておく必要がありますが、転職エージェントに相談することで、自分に合った転職先を紹介してもらえます。

20代であればマイナビジョブ20’sがオススメ



マイナビジョブ20’sは20代の転職に特化したサービスを提供しています。

  • 20代(24〜29歳)に特化した求人を紹介してもらえる
  • 非公開求人が80〜90%でマイナビ限定の求人も多い
  • 転職活動のスタートから終わりまで徹底サポート
20代で転職を考えている人は、マイナビジョブ20’sで相談する事がオススメです。

公式サイトはコチラ▼

求人探しや適性、面接のコツ、日程調整までしっかりサポートしてくれるので安心です。

ただし、サポートエリアが、東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・京都・愛知・兵庫・奈良・滋賀に限定されています。

このエリアで転職する人は、マイナビジョブ20’sに相談すれば安心です。

マイナビジョブ20’sで相談

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です