看護師経験を活かして病院から献血ナースに転職するコツ

転職アドバイザーのリオです。

看護師として働いている人の中には、病院以外の職場で働きたいと思っている人もいるのではないでしょうか?

転職するなら病院以外でも、看護師の資格を活かした仕事がしたいと考えている人も多いと思います。

看護師から献血ナースへの転職となると不安も大きいと思いますが、看護師としての経験があれば献血ナースへの転職は可能です。

今回は、病院の経験を生かして献血ナースに転職するコツについてお伝えします。

リオ

病院から献血ナースに転職するメリットとは?

献血ナースの仕事は、献血がスムーズに実施できるようサポートを行う仕事ですが、病院から献血ナースに転職することで以下のようなメリットがあります。

  • 夜勤がなく身体的な負担が軽い
  • 研修制度が整っており福利厚生もしっかりしている
  • 家庭と仕事を両立できる
献血ナースは全国に設置されている献血センターが職場になりますが、日本赤十字社の管轄になります。

そのため、研修制度が整っており福利厚生もしっかりしているので安心して働けます。

また、夜勤がないので身体的な負担も軽く、家庭と仕事の両立もできるというメリットがあります。

このように、病院から献血ナースへの転職はデメリットばかりではありません。

リオ

病院から献血ナースへの転職に必要なスキル

病院から献血ナースへの転職に必要なスキルは以下のものがあります。

  • コミュニケーションスキル
  • 採血の技術
  • 丁寧な対応
献血ナースは病院とは違い、患者さんではなくお客さんが相手になります。

安心して献血が受けられるようなコミュニケーションや丁寧な対応が必要になります。

また、献血ナースの仕事のメインは採血業務になるので、採血の技術は必要になります。

スポンサーリンク

看護師から献血ナースに転職したい理由とは?

病院から献血ナースに転職したい人には、どのような理由があるのでしょうか?

  • 夜勤がない職場で働きたいと思っていたから。
  • 献血ナースに興味があったから。
  • 夜勤がなく時間通りに帰れるので希望しました。
  • 家庭と仕事を両立させたかった。
  • 精神的に負担がない職場を探していたので。

献血ナースに転職したい人の中には、夜勤がない、精神的な負担が少ないなどの職場環境に惹かれた人も多いです。

また、営業時間が決まっているので残業も少なく、働きやすい環境を希望して選ぶ人も多くみられます。

病院は残業も多く忙しいので、ゆっくり働ける環境は魅力的ですよね。

リオ

スポンサーリンク

看護師経験を生かして献血ナースに転職するための3つのコツ

看護師の経験があっても病院以外の職場で働くのは難しいのでは?と思っている人もいるかもしれません。

思っているよりも献血ナースの求人数は多いので、自分に合った職場を見つけることも可能です。

そのため、病院から献血ナースへ転職した人からは、このような声も聞かれます。

「転職前より残業も減って仕事と家庭の両立ができました。」

「仕事のプレッシャーが軽くなったので、精神的に楽に働けるようになりました。」

看護師経験を生かして献血ナースに転職するための3つのコツを見ていきましょう。

献血ナースに求められることを知っておこう

献血ナースは、献血をスムーズに実施するためのサポートを行う仕事です。

献血ナースに求められることは以下の3点です。

  1. コミュニケーションスキル
  2. 即戦力
  3. 雰囲気づくりや営業力
献血ナースは病院よりも少ない人数で働くため、スタッフ同士の人間関係やコミュニケーションスキルが重要視されます。

また、献血者を増やすための呼び込みや集客のための営業力、リピートしてもらうための雰囲気づくりなども求められます。

注射がメインの技術になるため、看護技術が身につき即戦力となる人も求められるポイントになります。

経験が浅くても働きやすい献血ナースの職場は?

献血ナースは全国の献血センターが職場になりますが、職場によっては即戦力の人を優遇するところもあります。

注射技術に自信がなく経験が浅い場合でも、献血センターは研修制度がしっかり整っておりマニュアルも準備されているので働きやすいです。

しかし、忙しい献血センターでは研修が満足に受けられないこともあるので、転職希望先の献血センターに見学に行って実際の雰囲気を確認しておくことも大切です。

また、実際に働いている人の経験年数などを聞くことで、キャリアの浅い人がいれば安心して働ける環境であることが分かります。

献血ナースへの転職でアピールできる看護師のスキルは?

病院から献血ナースに転職すると病棟での経験を活かせない、と思っている人もいるのではないでしょうか?

異業種からの転職であっても、前職の経験を活かそうとする姿勢は、転職先にとって評価が上がるポイントにも繋がります。

例えば、病棟から献血ナースへ転職するときに活かせるスキルは以下のようなものが挙げられます。

  • 採血スキル
  • コミュニケーションスキル
  • 病院で身につけた観察力や対応力
献血ナースは採血がメインになるため、病院で身につけた採血スキルを活かすことが出来るのでアピールポイントになります。

また、献血を受ける献血者とのコミュニケーションも大切になりますが、気分不良時の対応など、病院で身につけた知識と経験を活かすことが出来ます。

このように病院から献血ナースに転職するためには、自分に合った職場を探すことが大切になります。

でも、施設の情報収集を行い、職場選びを1人で行うとなると大変…。
そこで、献血ナースへの転職だからこそ、転職エージェントをうまく活用することをオススメします。

病院から献血ナースに転職するなら転職のプロに相談

病棟から職場の詳しい情報がないまま献血ナースへ転職するのは、不安も大きいと思います。

転職に失敗しないためには転職先について調べておく必要がありますが、転職エージェントに相談することで、自分に合った転職先を紹介してもらえます。

リオ

献血ナースへの転職は「看護師のお仕事」がオススメ



看護のお仕事は業界最大級の非公開求人を扱っており、看護師の転職をサポートしてくれます。

  • 全国各地に支店があり全国エリアに対応
  • 地域専任のコンサルタントが提案、サポート
  • 業界最大級の非公開求人を保有
  • 医療業界を熟知したキャリアコンサルタントがサポート
看護師の資格を活かした転職を考えている人は、看護のお仕事で相談することがオススメです。

希望条件にあった職場探しから面接のコツ、給料交渉までしっかりサポートしてくれるので安心です。

サポートエリアも全国と幅広く、医療業界を熟知した転職のプロのサポートが受けられるので、忙しい合間に転職活動をスムーズに進めることができます。

看護師の求人・転職・募集なら【看護のお仕事】
“"



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です