看護師経験を活かして病院から産業看護師に転職するコツ

転職アドバイザーのリオです。

看護師として働いている人の中には、病院以外の職場で働きたいと思っている人もいるのではないでしょうか?

転職するなら病院以外でも、看護師の資格を活かした仕事がしたいと考えている人も多いと思います。

看護師から産業看護師への転職となると不安も大きいと思いますが、看護師としての経験があれば産業看護師への転職は可能です。

今回は、看護師経験を生かして産業看護師に転職するコツについてお伝えします。

リオ

看護師から産業看護師に転職するメリットとは?

産業看護師は病院とは違って一般企業での勤務になりますが、産業看護師ならではのメリットがあります。

  • 夜勤がなく土日祝日が休み
  • 体力的な負担が少ない
  • 年収アップが期待できる
産業看護師は一般企業での勤務になるので、夜勤がなく土日休みで規則正しい生活を送ることができます。

病院のように患者さんの対応がないので、体力的な負担も少なく働くことができます。

また、企業によっては経験と能力給によって給料が決まることもあるため、年収アップも期待できます。

このように病院から産業看護師への転職はデメリットばかりではありません。

リオ

看護師から産業看護師への転職に必要なスキル

産業看護師への転職に必要なスキルは以下の通りです。

  • コミュニケーションスキル
  • 一般常識とビジネスマナー
  • 病院での臨床経験
産業看護師は様々な立場の人と関わるため、一般常識やビジネスマナー、コミュニケーションスキルが求められます。

スタッフが悩みを話しやすいような雰囲気づくりも大切になります。

また、産業看護師は1人で対応しなければならないこともあるため、病院での臨床系経験が必要になります。

スポンサーリンク

看護師から産業看護師に転職したい理由とは?

看護師から産業看護師に転職したい人には、どのような理由があるのでしょうか?

  • 病院ではなく一般企業で働いてみたかったから。
  • 夜勤がなくて土日休みの仕事を探していたので。
  • ライフワークバランスが実現できると思ったから。
  • 一般企業でのメンタルヘルスケアに興味があったため。
産業看護師になりたいと考えている人の中には、一般企業への憧れや興味も見られますが、夜勤がなく休みがしっかり取れるという部分に惹かれた人も多いです。

一般企業はカレンダー通りの休日になるので、病院と違って規則正しい生活が遅れるのは魅力的ですよね。

スポンサーリンク

看護師経験を生かして産業看護師に転職するための3つのコツ

看護師の経験があっても病院以外の職場で働くのは難しいのでは?と思っている人もいるかもしれません。

思っているよりも産業看護師の求人は出ているので、自分に合った職場を見つけることも可能です。

そのため、病院から産業看護師へ転職した人からは、このような声も聞かれます。

「一般企業の待遇の良さや働きやすさを知れてよかったです」

「給料面が心配でしたが、夜勤がないわりにもらえて安心しました。」

看護師経験を生かして産業看護師に転職するための3つのコツを見ていきましょう。

産業看護師に求められることを知っておこう

産業看護師は、企業で働く社員の健康管理や病気の予防を行う仕事です。

産業看護師に求められることは以下の3点です。

  1. コミュニケーションスキル
  2. 即戦力
  3. 協調性
産業看護師は様々な人と関わるため、社員と上手くコミュニケーションを取り、良い関係を築きながら業務を進めていくことが求められます。

また、産業看護師は人数も少ないため即戦力となるような人が期待されています。

そして、産業医と連携を図りながら社員の健康保持、向上に努めるため協調性も求められます。

経験が浅くても働きやすい産業看護師の職場とは?

産業看護師の求人の中には、看護経験を重要視しているものもありますが、経験が浅くても働くことは可能です。

経験が浅い場合は、看護師経験を重要視していない転職先を選ぶことがポイントです。

中小企業より大企業は人員にも余裕があり、看護師が何人も在籍しており教育体制が充実していることがあります。

企業の規模や条件をしっかり確認することで、経験年数が浅くても産業看護師として働くことができます。

リオ

産業看護師への転職でアピールできる看護師のスキルは?

病院から産業看護師に転職すると病棟での経験を活かせない、と思っている人もいるのではないでしょうか?

異業種からの転職であっても、前職の経験を活かそうとする姿勢は、転職先にとって評価が上がるポイントにも繋がります。

例えば、病棟から産業看護師へ転職するときに活かせるスキルは以下のようなものが挙げられます。

  • コミュニケーションスキル
  • 病院で身につけた観察力や対応力
  • ヒアリングスキル
一般企業ではコミュニケーションスキルは必ず重要視されるスキルなので、病棟で身につけたスキルを活かすことが出来ます

また、社員の健康保持、向上のためにはヒアリングスキルと適切な判断力が求められるため、経験をアピールすることができます。

このように病院から産業看護師に転職するためには、自分に合った職場を探すことが大切になります。

でも、企業の情報収集を行い、職場選びを1人で行うとなると大変…。
そこで、産業看護師への転職だからこそ、転職エージェントをうまく活用することをオススメします。

病院から産業看護師に転職するなら転職のプロに相談

病棟から職場の詳しい情報がないまま産業看護師へ転職するのは、不安も大きいと思います。

転職に失敗しないためには転職先について調べておく必要がありますが、転職エージェントに相談することで、自分に合った転職先を紹介してもらえます。

リオ

産業看護師への転職は「看護師のお仕事」がオススメ



看護のお仕事は業界最大級の非公開求人を扱っており、看護師の転職をサポートしてくれます。

  • 全国各地に支店があり全国エリアに対応
  • 地域専任のコンサルタントが提案、サポート
  • 業界最大級の非公開求人を保有
  • 医療業界を熟知したキャリアコンサルタントがサポート
看護師の資格を活かした転職を考えている人は、看護のお仕事で相談することがオススメです。

希望条件にあった職場探しから面接のコツ、給料交渉までしっかりサポートしてくれるので安心です。

サポートエリアも全国と幅広く、医療業界を熟知した転職のプロのサポートが受けられるので、忙しい合間に転職活動をスムーズに進めることができます。

看護師の求人・転職・募集なら【看護のお仕事】
“"



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です