看護師経験を活かして介護福祉施設に転職するコツ

アドバイザーのリオです。

看護師として働いている人の中には、病院以外の職場で働きたいと思っている人もいるのではないでしょうか?

転職するなら病院以外でも、看護師の資格を活かした仕事がしたいと考えている人も多いと思います。

看護師から介護福祉施設への転職となると不安も大きいと思いますが、看護師としての経験があれば介護福祉施設への転職は可能です。

今回は、看護師経験を生かして介護福祉施設に転職するコツについてお伝えします。

リオ

看護師から介護福祉施設に転職するメリットは?

病棟で働く看護師の中には、介護福祉施設に転職したいと考えている人もいると思います。

看護師から介護福祉施設に転職は、次のようなメリットを得ることができます。

  • 介護スキルが伸ばせる
  • 判断力が身につく
  • 利用者と深い関わりができる
介護施設では介護がメインになるため、介護スキルを身につけ伸ばすことができます。

また、介護施設では看護師の人数も少ないため、適切な判断力が求められます。

病棟ではすぐにスタッフの応援を呼び、医師の指示を仰ぐことができますが、介護施設では病院と同じようにはいかないため、判断力が大切になります。

そして、病院とは違い入所期間も長く、利用者と深い関わりを持つことができるので、1人1人と向き合ってケアを行うことができます

看護師から介護福祉施設への転職に必要なスキル

看護師から介護福祉施設への転職に必要なスキルは以下の通りです。

  • 看護師としての臨床経験
  • コミュニケーションスキル
  • 急変対応のスキル
介護福祉施設は、看護スタッフよりも介護スタッフの人数が多いため、利用者の処置や病状管理を1人で行うこともあります。

そのため看護師としてある程度の臨床経験が求められ、施設によっては「臨床経験3年以上」などの記載があるものもあります。

また、認知症の高齢者との関わりも多いためコミュニケーションスキルも必要になります。

そして、急変時に対応できる急変対応のスキルも求められることが多いです。

スポンサーリンク

看護師から介護福祉施設に転職したい理由とは?

看護師が病院から介護福祉施設に転職したい理由とは、どのようなものがあるのでしょうか?

  • 介護に興味があって勉強したいと思ったから。
  • 夜勤がなくて給料が高かったので…。
  • 病院の業務は時間に追われて忙しいので、ゆっくり働きたいと思った。
  • 子育てと仕事を両立させるために、ゆっくり働ける職場を選びました。
このように病院から介護福祉施設に転職したい理由は、人によって様々です。
介護福祉施設に転職したい人の中には、病院の忙しさが嫌になって施設に転職したという人も多いです。

リオ

スポンサーリンク

看護師経験を生かして介護福祉施設に転職するための3つのコツ

看護師の経験があっても病院以外の職場で働くのは難しいのでは?と思っている人もいるかもしれません。

意外にも介護福祉施設の求人数は多いので、自分に合った職場を見つけることも可能です。

そのため、病院から介護福祉施設へ転職した人からは、このような声も聞かれます。

「ゆっくり働けるようになったので満足しています。」

「夜勤が減ったけど給料は変わらなかったので良かったです。」

それでは、看護師経験を生かして介護福祉施設に転職するための3つのコツを見ていきましょう。

介護福祉施設に求められることを知っておこう

介護福祉施設では看護師よりも介護スタッフの人数が多いため、介護スタッフとの関係性も大切になります。

介護福祉施設で求められるスキルは以下の3点です。

  1. コミュニケーションスキル
  2. 協調性
  3. 即戦力
介護スタッフと上手くコミュニケーションを取りながら、協調性を持って業務を行うことが必要になります。

また、介護福祉施設では看護スタッフの人数が少ないため、できるだけ即戦力となる人を採用したいと考えています。

経験が浅くても働きやすい介護福祉施設の種類は?

介護福祉施設にも様々な種類がありますが、看護師のスキルに自信がない人は、経験が浅くても働きやすい職場を選ぶことが大切です。

介護施設によっては「経験が浅くてもOK」と記載があるところもありますが、働いてみると教育体制が整っていないなども珍しくありません。

スキルに自信がない場合は、看護スタッフも比較的多い老人保健施設を選ぶことがポイントです。

特別養護老人ホームは看護スタッフの人数も少なく、すべて1人で対応しなければならないことも多いです。

介護福祉施設への転職でアピールできる看護師のスキルは?

病院から介護福祉施設に転職すると病棟での経験を活かせない、と思っている人もいるのではないでしょうか?

病院からの転職であっても、前職の経験を活かそうとする姿勢は、転職先にとって評価が上がるポイントにも繋がります。

リオ

例えば、病棟から介護福祉施設へ転職するときに活かせるスキルは以下のようなものが挙げられます。
  • コミュニケーションスキル
  • 病棟で身につけた観察力や対応力
  • 体力
介護福祉施設ではコミュニケーションスキルも必要になるので、病棟で身につけたスキルを活かすことができます。

また、病棟で経験した観察力や対応力は、介護の現場では重宝されるでしょう。

介護の現場では体力も必要になるので、病院で夜勤などで身につけた体力もアピールできるポイントになります。

このように病院から介護福祉施設に転職するためには、自分に合った職場を探すことが大切になります。

でも、施設の情報収集を行い、職場選びを1人で行うのは大変…。
そこで、介護福祉施設への転職だからこそ、転職エージェントをうまく活用することをオススメします。

未経験で介護福祉施設に転職するなら転職のプロに相談

未経験で看護師から介護福祉施設に転職するのは不安も大きいと思います。

転職に失敗しないためには業界研究や企業について調べておく必要がありますが、転職エージェントに相談することで、自分に合った転職先を紹介してもらえます。

20代であればマイナビジョブ20’sがオススメ



マイナビジョブ20’sは20代の転職に特化したサービスを提供しています。

  • 20代(24〜29歳)に特化した求人を紹介してもらえる
  • 非公開求人が80〜90%でマイナビ限定の求人も多い
  • 転職活動のスタートから終わりまで徹底サポート
20代で転職を考えている人は、マイナビジョブ20’sで相談する事がオススメです。

求人探しや適性、面接のコツ、日程調整までしっかりサポートしてくれるので安心です。

ただし、サポートエリアが、東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・京都・愛知・兵庫・奈良・滋賀に限定されています。

このエリアで転職する人は、マイナビジョブ20’sに相談すれば安心です。

マイナビジョブ20’sで相談

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です