求人サイトと直接応募はどっちが有利?看護師の転職のギモンを解決

アドバイザーのリオです。

転職を考えている看護師の中には、求人サイトと直接応募するのはどっちが有利になるのかをギモンに感じている人もいます。

どちらの方法にもメリット・デメリットがあるため、目的に合わせて選択することが必要になります。

特に病院やクリニックへの転職になるとブラック病院の見極めなど、情報収集が大切になります。

今回は、看護師の転職のギモンである求人サイトと直接応募の違いについてお伝えします。

リオ

看護師向けの求人サイトと直接応募はどっちが有利?

看護師の転職は、求人サイトの利用やクリニックや病院のホームページから直接応募する方法が挙げられます。

クリニックや病院のホームページから直接応募する方が有利に感じる人もいますが、一概には言えません。

直接応募は、採用する側にコストがかからないため採用されやすいと思われがちですが、条件面でのトラブルやミスマッチが生じやすいデメリットがあります。

目的に合わせて方法を選択することが必要

求人サイトを利用するか直接応募するのかは、目的に合わせて方法を選択することが必要になります。

例えば、今すぐに転職をしたいと考えている人は、直接応募する方が転職活動を早く進めることができます。

このように、転職の目的に合わせて選択することもポイントになります。

ここからは、求人サイトと直接応募について詳しく見ていきましょう。

リオ

スポンサーリンク

看護師向けの求人サイトとは?

看護師向けの求人サイトとは、看護師を対象とした求人を取り扱うサービスのことです。

求人サイトは無料で利用でき、会員登録をすることで詳しい求人の情報を見ることができます。

転職アドバイザーがサポートしてくれる

転職アドバイザーが転職先探しから給料交渉、入職後のフォローまでサポートしてくれることが特徴です。

転職のプロがサポートしてくれるので、転職が初めてでも安心して転職活動を進めることができます。

転職活動は1人で孤独ですが、サポートしてくれる人がいると心強いですよね!

リオ

スポンサーリンク

看護師向け転職サイトを利用するメリット・デメリット

看護師向けの転職サイトを利用するメリット・デメリットを見ていきましょう。

メリット

  • 転職先探しから全てサポートしてくれる
  • 掲載先の病院について詳しく教えてもらえる
  • 情報収集がしやすくミスマッチが防げる

転職のプロであるアドバイザーが転職先探しから全てをサポートしてくれるので、転職活動をスムーズに進める事ができます。

担当アドバイザーが取材した情報が掲載されており、情報収集がしやすくミスマッチが防げることもメリットです。

実際に働いている人の口コミ情報を得ることもでき、リアルな内部情報が知れます。

デメリット

  • 担当者を通してのやりとりに時間がかかる
  • 今すぐに転職したい人には向かない
  • 希望とは違う転職先を勧められることがある
転職先への応募や面接は担当アドバイザーを経由して行われるため、やりとりに時間がかかってしまいます。

転職活動に時間がかかってしまうため、「今すぐ転職したい!」と考える人には不向きです。

アドバイザーによっては希望とは違う転職先を勧められることもあり、アドバイザーとの相性も重要になってきます。

直接応募とは?

直接応募とは、病院やクリニックのホームページにある採用情報を見て直接応募する方法です。

全て自分のペースで進められる

転職先探しから応募、面接まで全て自分のペースで進める事ができます。

転職先と直接やりとりできるので、転職活動の期間も短くすませることも可能です。

転職先に直接応募するメリット・デメリット

転職先に直接応募するメリット・デメリットを紹介します。

メリット

  • 応募から面接までのスピードが早い
  • 求人サイトに載っていない転職先に応募できる
  • 今すぐ転職したいと考えている人に向いている
転職先と直接やりとりが可能になるので、応募から面接までのスピードが早く「今すぐに転職したい!」と考えている人には向いています。

求人サイトに掲載されていない転職先に応募することもできるので、選択肢の幅を広げることもできます。

デメリット

  • ブラック病院に当たる可能性がある
  • 条件面でのトラブルが生じる可能性がある
  • 詳しい情報収集が難しい
情報源がホームページの独自の求人ページしかない場合は、情報収集が難しくブラック病院に当たる可能性があります。

入社するまでブラック病院であることを見極めにくいこともデメリットです。

また、掲載している条件と違うなどの条件面でのトラブルが生じることもあるため、事前に確認しておくなどの対応が必要になります。

リオ

看護師向けの求人サイトと直接応募の違い

看護師向けの求人サイトと直接応募との違いについて理解しておきましょう。

看護師向けの求人サイトは採用後にコストがかかる

看護師向けの求人サイトは、転職者を採用した病院が紹介した企業に手数料を支払う仕組みになっています。

手数料は年収の1/3が相場となっており、看護師1人当たりの採用コストは100万円以上となります。

そのため、病院側は紹介された応募者に対して直接応募より慎重に選考するためハードルが高くなる傾向があります。

ただし、採用後に早期退職してしまった場合は紹介した企業側が病院に返金を行う契約をしているため、ミスマッチが生じないよう慎重に紹介先選びを行います。

条件によっては希望した病院を紹介してもらえないこともあります。

リオ

直接応募はコストがかからないので採用のハードルが下がる

直接応募の場合は、採用しても病院側にはコストがかからないため、求人サイトからの紹介よりは採用のハードルが下がる傾向があります。

採用のハードルが下がるとは言え、その分面接の内容が重要視されるので面接対策などが必要になります。

求人サイトと直接応募を同時にしない方が良い

転職活動をしている看護師の中には、求人サイト経由で応募したのにも関わらず対応が遅いので直接応募しようと考える人もいます。

求人サイトで応募した場合は、直接応募は辞めたほうが良いです。

時間はかかってしまいますが、担当アドバイザーの対応を待ちましょう。

転職先の混乱につながるため不利になる可能性が高い

求人サイトと直接応募を同時にしてしまうと転職先に同一人物の情報が渡り、混乱を引き起こす原因となってしまいます。

混乱を引き起こすだけでなく、転職に関して不利になってしまう可能性も高くなってしまうことも考えられます。

求人サイトを上手く活用する

直接応募は転職を早く進められるメリットがありますが、情報収集不足の不安が挙げられます。

転職に失敗しないためには求人サイトを上手く活用する事も方法の一つです。

情報収集を効率的に行うことができる

求人サイトは独自の取材を行っているので、情報量も豊富です。

担当アドバイザーに相談する事で、掲載されていない病院であっても取材して情報を教えてくれる事があります。

複数の求人サイトに登録して相談することで、効率的にリサーチを進める事ができます。

転職で失敗しないためには?

職場の詳しい情報がないまま新しい職場に転職するのは、不安も大きいと思います。

転職に失敗しないためには転職先について調べておく必要がありますが、転職エージェントに相談することで、自分に合った転職先を紹介してもらえます。

リオ

看護師の転職は「看護師のお仕事」がオススメ



看護のお仕事は業界最大級の非公開求人を扱っており、看護師の転職をサポートしてくれます。

  • 全国各地に支店があり全国エリアに対応
  • 地域専任のコンサルタントが提案、サポート
  • 業界最大級の非公開求人を保有
  • 医療業界を熟知したキャリアコンサルタントがサポート
看護師として新しい職場への転職を考えている人は、看護のお仕事で相談することがオススメです。

公式サイトはコチラ▼

希望条件にあった職場探しから面接のコツ、給料交渉までしっかりサポートしてくれるので安心です。

サポートエリアも全国と幅広く、医療業界を熟知した転職のプロのサポートが受けられるので、忙しい合間に転職活動をスムーズに進めることができます。

看護師の求人・転職・募集なら【看護のお仕事】
“"



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です