転職回数が多い看護師が面接で好印象を与える自己PRのコツ

アドバイザーのリオです。

転職を考えている看護師の中には、転職回数の多さが気になり面接に不安を抱いている人もいるのではないでしょうか?

転職回数が増えてしまうと良い印象を持たれないと考えてしまいますよね。

面接でしっかり自己PRすることで、面接官にも好印象を持ってもらうことができます。

今回は、転職回数が多い看護師が面接で好印象を与える自己PRのコツについてお伝えします。

リオ

看護師は転職回数が多いと不利?

転職回数に関する一般的な意見としては、「転職回数は2回まで」などのように言われることがあります。

一般企業では転職回数に関してシビアな意見もあり、転職回数を基準として書類選考を進めることも見受けれます。

看護師は専門職であり転職回数の多さは、一般企業と比べるとそれほど重要視されない傾向となっています。

ちなみに、リクルートのナースフルの調査によると20代、30代の転職回数の平均は3回程度の結果が出ています。

短期間の転職が多い場合は要注意

転職回数の平均から20代でも2回ほど経験している人もおり、それほど気にならないと思われがちですが、短期間の転職が多い場合は要注意です。

1ヶ月や半年などの短期間で転職を繰り返している人は、次の職場でもすぐに辞めてしまうのでは?との懸念を持たれてしまい印象も良くありません。

短期間での転職回数が多い場合は、面接でしっかり対応することが転職を成功させるためには必要になります。

リオ

スポンサーリンク

看護師の主な転職理由

転職理由は看護師によってそれぞれですが、主な転職理由について見ていきましょう。

  • 結婚・育児に専念するため
  • 人間関係に疲れた
  • 職場が合わなかった
  • 条件と違ったので続けられなかった
  • ハードな環境で負担が大きかった
  • 体調を崩してしまった
転職をした人の中には、結婚や育児などの家庭の事情から職場環境まで様々となっています。

職場によってはいじめや嫌がらせなどの人間関係の悩みを抱える人も多く、解決するために転職した看護師もいます。

条件や職場環境が合わないまま働き続けるのは、精神的にも辛いですよね。

リオ

転職の失敗が理由になることもある

上記の理由にもありましたが、「条件と違ったので続けられなかった」などのように転職の失敗が理由になってしまうこともあります。

いざ入社してみると定時で帰れる職場と言われていたのに、残業だらけで帰ることができず条件と違う、または、やってみたら合わないと感じたなどのようなミスマッチなども理由に入っています。

スポンサーリンク

面接では転職回数の多さは必ず指摘される

面接では必ず転職回数の多さについては指摘されるため、好印象を持ってもらうためには対策を行うことが必要です。

転職回数が多い=マイナスイメージ

転職回数が多い履歴書を見ると面接官はマイナスイメージを抱きます。

理由としては、下記のようなものが挙げられます。

  • 仕事への責任感がないのでは?
  • すぐに辞めてしまいそう
  • 人間関係でトラブルを起こしてしまうのではないか
  • 協調性がないのかも
  • 合わなかったら辞めれば良いと軽く考えているのかも
履歴書をパッと見た時に、転職回数の多さが目に入った面接官は上記のようなことを考えてしまいます。

そのため、マイナスイメージから好印象に変えるためには、面接官の不安を払拭できる自己PRを行うことが大切です。

リオ

転職回数が多い看護師が面接で好印象を与える自己PRのコツ

ここでは、転職回数が多い看護師が面接で好印象を与える自己PRのコツについて、3つ紹介していきます。

結婚や出産などの理由の場合は事実を話す

転職理由の中でも、正直に事実を話す方がプラスになることもあります。

結婚や出産、転勤による引越しなどの場合は止むを得ない理由になるので正直に伝えましょう。

事実をそのまま伝えてもマイナスには繋がりにくく、面接官も納得してくれます。

人間関係などが原因の場合はポジティブに伝える

人間関係や職場が合わないなどの理由の場合は、事実を話しつつポジティブに伝えることが大切になります。

例えば、先輩との関係が合わずに辞めてしまったときの自己PRの例を挙げましょう。

「職場の先輩から嫌がらせを受け師長にも相談しましたが改善が見られない状況が続きました。今なら自分にも悪いところがあったと考え、嫌がらせを受けていた理由について冷静に考えて行動できますが、その時は上手く対処することができず退職してしまいました。」

退職した理由に対する改善の余地などを伝えることで、今後同じことがあっても対処できると伝えることでポジティブなイメージを与えることができます。

話す態度や言葉選びも大切な要素

面接では自己PRも大切な要素の一つですが、話す態度や言葉選びなどもポイントになります。

面接で面接官は、応募者の協調性や責任感、仕事に対する意欲などを見ています。

転職理由をしっかり伝えることで「何も考えずに転職しているわけではない」と感じてもらうことができます。

リオ

転職に失敗しないためには?

転職の失敗は転職回数が増えることに繋がるため、失敗しないように進めることが大切になります。

リサーチをしっかり行いミスマッチをなくす

転職を失敗してしまう理由の一つとして、リサーチ不足によるミスマッチが挙げられます。

事前にしっかりリサーチが出来ていない事により、入社後にイメージと違ったなどのギャップを感じてしまいます。

思い描いていたイメージと異なる部分が見え始めると「こんなはずじゃなかった」と続けられなくなってしまう人もいます。

ミスマッチをなくすためには、事前に細かいリサーチを行い納得した上で入社することが必要です。

リオ

転職の目的を明確にする

「人間関係を解決したい」「夜勤がない働きやすいところが良い」など転職の目的は人それぞれですが、ハッキリと明確にしておくことが大切です。

何のための転職なのかを理解しておかなければ、条件がブレてしまい失敗の原因になってしまいます。

キャリアアドバイザーを活用する

転職活動では転職先のリサーチなども必要になりますが、人間関係などの内部事情は得られにくいですよね。

特に病院は閉鎖的な空間であるため、内部事情が分かりにくいのが現状です。

人間関係などの内部事情を知るためには、転職サイトのキャリアアドバイザーをうまく活用することで情報収集ができます。

病院で働いている看護師からのリサーチや生の声を聞くことができるので、参考にできる情報を教えてもらえます。

情報提供だけでなく面接指導などのサポートも万全なので、転職に不安がある人は安心してサポートを受けることができます。

リオ

看護師の転職は「看護師のお仕事」がオススメ



看護のお仕事は業界最大級の非公開求人を扱っており、看護師の転職をサポートしてくれます。

  • 全国各地に支店があり全国エリアに対応
  • 地域専任のコンサルタントが提案、サポート
  • 業界最大級の非公開求人を保有
  • 医療業界を熟知したキャリアコンサルタントがサポート
看護師として新しい職場への転職を考えている人は、看護のお仕事で相談することがオススメです。

公式サイトはコチラ▼

希望条件にあった職場探しから面接のコツ、給料交渉までしっかりサポートしてくれるので安心です。

サポートエリアも全国と幅広く、医療業界を熟知した転職のプロのサポートが受けられるので、忙しい合間に転職活動をスムーズに進めることができます。

看護師の求人・転職・募集なら【看護のお仕事】
“"



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です