1年目の看護師が”向いてない”と思った時の対処法

アドバイザーのリオです。

1年目の看護師の中には「自分が看護師に向いていない」と悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

看護師として働き始めてから”向いていない”と思った人もいると思います。

意外にも、自分が看護師に向いていないと思いながら働いているナースも多いです。

今回は、1年目の看護師が”向いてない”と思った時の対処法についてお伝えします。

リオ

看護師に向いていないと思うナースは意外に多い

看護師として働き出してから、自分が看護師に向いていないと思った人もいると思います。

意外にも、自分は看護師に向いていないと思っているナースは多く、向いていないと思い続けながら働いている人も少なくありません。

看護師に向いていないと悩んでいる1年目の新人ナースも多いと思いますが、職場の先輩も同様の悩みを持っていることも多いです。

スポンサーリンク

1年目の看護師が向いていないと考える理由とは?

1年目の看護師の中には、自分が看護師に向いていないと考える人も多いですが、なぜ向いていないと考えてしまうのでしょうか?

仕事中にミスを繰り返してしまう

1年目の看護師は仕事にも慣れておらず、ミスを繰り返してしまうこともあります。

医療現場でのミスは、患者さんの命に関わることもあるので、ミスを繰り返してしまう自分に対して自信を失くしてしまいますよね。

新人ナースは、ミスを経験して成長していくものですが、「ミスをしてしまう自分は看護師に向いていない」と考えてしまいます。

看護師の仕事にやりがいを感じられない

看護師になって働き出してみると、看護師の仕事にやりがいを感じられない人も多いです。

仕事にやりがいを感じられないので、自分は向いていないと考えてしまう人も。

看護師になるまでは憧れや期待を持っていたのに、いざ看護師になってみるとイメージと違ったと悩む人も少なくありません。

このようなリアリティギャップを感じてしまい、看護師に向いていないと思う1年目の看護師もいます。

リオ

看護師の仕事が嫌になってしまった

看護師の仕事はハードであり、毎日時間に追われて仕事をこなさなければなりません。

1年目の看護師の中には、ハードな仕事内容から看護師の仕事が嫌になってしまう人もいます。

看護師になりたくてなったのに、仕事が嫌になってしまう自分は向いていないのかもしれない」と考えてしまう人も。

逆に、向いていないと考えるようになってから、看護師の仕事が嫌になった人もいます。

周りから向いていないと言われた

看護師に向いていないと考える人の中には、周りから言われた人もいると思います。

周りから言われてしまうと「そうなのかな?」と思ってしまいますよね。

自分では思っていないけど、周りから言われてしまった看護師も少なくありません。

スポンサーリンク

周りから向いていないと言われた時の対処法

周りの人から看護師に向いていない、と言われてしまった時の対処法を見ていきましょう。

自分の意思を尊重することが大切

周りの人から「看護師に向いていない」と言われてしまうのはショックですよね。

看護師の向き不向きを決めるのは、周りの人でも自分自身でもなく、目の前の患者さんです。

看護師の仕事が好きで、誇りを持って働いているのであれば、周りの意見を気にする事なく流されずに自分の意見を尊重することが大切です。

周りから向いていないと言われたから看護師を辞めたなどと流されてしまっては、後悔してしまうことも考えられます。

リオ

自分で看護師に向いていないと思った時の対処法

自分で看護師に向いていないと考えている1年目の看護師も多いと思います。

自分で看護師に向いていないと思った時の対処法を見ていきましょう。

向いていないと感じる理由を明確にする

まずは、自分が看護師に向いていないと感じる理由を明確にすることが大切です。

ミスが原因であれば、仕事に慣れることで解決されるでしょう。

職場環境や仕事内容が合っていないと感じるのであれば、時間が解決してくれるのは難しいので、新たな解決方法を考える必要があります。

自分が看護師に向いていないと思う人は、看護師に向いないと感じる理由を紙に書き出してみることで、気持ちも整理することができます。

リオ

職場環境が原因であれば自分にあった職場を探す

看護師に向いていない理由が職場環境などが原因である場合は、自分に合った職場を探すことも方法です。

病院の職場環境が合わない人は、訪問看護やクリニックなど病院以外の選択肢はたくさんあります。

実際に、職場環境を変えることで成長できたと感じている新人看護師も少なくありません。

看護師が嫌になってしまったら他職種への転職もアリ

看護師そのものが嫌になってしまったら、看護師を続けるのではなく他職種への転職も方法の一つです。

看護師から他職種への転職は難しいと思われがちですが、看護師から全く違う仕事をしている人もたくさんいます。

無理に続けるのではなく、嫌になってしまったら早めに決断することも大切です。

看護師から他職種に転職するときに知っておきたい3つのポイント

転職で失敗しないためには?

職場の詳しい情報がないまま新しい職場に転職するのは、不安も大きいと思います。

転職に失敗しないためには転職先について調べておく必要がありますが、転職エージェントに相談することで、自分に合った転職先を紹介してもらえます。

リオ

看護師の転職は「看護師のお仕事」がオススメ



看護のお仕事は業界最大級の非公開求人を扱っており、看護師の転職をサポートしてくれます。

  • 全国各地に支店があり全国エリアに対応
  • 地域専任のコンサルタントが提案、サポート
  • 業界最大級の非公開求人を保有
  • 医療業界を熟知したキャリアコンサルタントがサポート
看護師として新しい職場への転職を考えている人は、看護のお仕事で相談することがオススメです。

希望条件にあった職場探しから面接のコツ、給料交渉までしっかりサポートしてくれるので安心です。

サポートエリアも全国と幅広く、医療業界を熟知した転職のプロのサポートが受けられるので、忙しい合間に転職活動をスムーズに進めることができます。

看護師の求人・転職・募集なら【看護のお仕事】
“"



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です