残業で悩む看護師1年目も多い!残業が少ない転職先探しのポイント

アドバイザーのリオです。

1年目の看護師の中には、残業が多くて悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

職場によっては残業が多く、なかなか帰れず辛いと感じている人もいると思います。

残業が多い職場で働いていると残業を減らすことは難しいので、残業が少ない職場へ転職する人も少なくありません。

今回は、看護師1年目が残業が少ない転職先を探すときのポイントについてお伝えします。

リオ

残業の多さで悩む看護師1年目は多い

新人看護師として働き出してから、思ったより残業が多くて悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

職場によっては、入社してから研修期間は定時で帰れるように配慮してくれるところもありますが、それ以降は通常業務と同様に扱われることもあります。

そのため、思っていたよりも残業が多くてしんどい、辛いと感じてしまい辞めたいと思う1年目の看護師も少なくありません。

残業代が支払われない職場もある

職場によっては、残業代が支払われないところもあります。

新人看護師は仕事が遅く時間がかかってしまいますが、新人だから残業が認められないのは当たり前と考えている現場もあります。

1年目の看護師の中には、先輩が残業申請をしていないので残業申請ができない人もいるのではないでしょうか?

遅くまで頑張っているのに残業が認められないのは、モチベーションも上がりませんよね。

スポンサーリンク

看護師1年目が残業が多くなってしまう原因とは?

残業に悩む1年目の看護師は多いですが、残業が多くなってしまう原因を見て行きましょう。

仕事に慣れていないので時間がかかってしまう

1年目の看護師は仕事に慣れていないので、時間がかかってしまいます。

仕事に慣れた先輩たちのようにケアや業務がスムーズに出来ないので、定時を過ぎてから記録を書き始めることも多いです。

また、1人で出来ることも限られておりフォローも必要になるので、振り返りや指導に時間がかかり残業が増えてしまうことも。

先輩が帰らないので帰れない

残業が多く忙しい職場では、先輩が残業をしているので帰りにくいと感じている人も多いです。

職場の人間関係も大切になるので、先輩を差し置いて帰るのは気が引けてしまいますよね。

職場の帰れない雰囲気に悩んでいる人も少なくありません。

残業が当たり前の風潮になっている

残業が多い職場に見られることが多いですが、残業が当たり前の風潮になっていることもあります。

残業が当たり前の風潮になっている職場では、残業を減らすことが難しい環境です。

リオ

スポンサーリンク

残業が多い職場の特徴

残業に悩む1年目の看護師も多いですが、残業が多い職場の特徴を見てみましょう。

急性期や救急病棟

急性期や救急病棟は、緊急入院の対応や術後管理などがあるため忙しい職場です。

そのため残業が多く、帰宅間際に入院患者の対応を任されるなんてことも少なくありません。

また、受け持ち患者の数も多く、業務量も多いので必然的に残業が増えてしまいます。

人手不足の職場

人手不足の職場では1人あたりの業務量が増えてしまうため、残業が多くなってしまいます。

現場をギリギリの人数で回しているところは、残業が多く帰れない傾向があります。

勉強会や研修会が多い

院内の勉強会や研修が多い病院では、残業が多くなる傾向があります。

院内勉強会の場合は夕方から行われることも多く、業務を切り上げて参加しなければなりません。

そのため、勉強会が終わった後に記録などに取り掛かるので、必然的に帰りが遅くなってしまいます。

リオ

忙しい職場は残業を減らすことが難しい

業務の忙しさは職場によって異なりますが、元々忙しい職場では残業を減らすことは難しいです。

人手不足の職場では人手不足が解消されれば、職場環境も改善されることもありますが、すぐに元の状況に戻ってしまうことも考えられます。

看護師の労働環境について問題になっていることも多く、現場では残業を減らすように言われていますが、実際は残業を減らすことが難しい状況です。

自分1人が残業を減らしても根本的な解決にならない

残業の多さに悩む1年目の看護師の中には、仕事を覚えて出来るだけ残業をしないように努力している人もいると思います。

しかし、中には先輩が帰らないから帰り辛い、定時に帰りにくい雰囲気があると悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

残業が多い職場では、自分1人が残業を減らしても根本的な解決が難しいのが現実です。

残業を減らしたい、定時に帰りたいと希望している人は、残業が少ない環境で働くことが必要になります。

リオ

看護師1年目が残業が少ない病院を探すための3つのポイント

残業が少ない病院はたくさんありますが、看護師1年目が残業が少ない病院を探すための3つのポイントについて見ていきましょう。

残業が少ない転職先の情報を集める

残業が少ない病院を選ぶためには、残業が少ない転職先の情報を集めることが必要になります。

病院は閉鎖的な空間であり、内部事情などが分からないですが、口コミや働いている友人からの話を聞くことも大切です。

転職サイトのアドバイザーに相談すると、効率的に情報収集を行うことができます。

アドバイザーが実際に働いている人の話や内部事情までも調べて教えてもらえるので、1人で頑張る必要はありません。

病院見学を行い自分の目で忙しさなどを確認しておく

転職サイトなどに掲載されている求人内容には、魅力的な文言が書かれていますが、鵜呑みにするのは危険です。

中には「求人に載っていた内容と全然違う」なんてことも少なくありません。

求人内容を鵜呑みにせず、自分の目で雰囲気などをしっかり確認しておくことが大切です。

残業の申請方法など実際の現場の声を聞く

残業が少ないと表記されている病院の中には、数字としての残業時間は少なくても実際はサービス残業をしているところも多いです。

特に、残業の申請方法がシフト管理システムの入力ではなく、師長に直接申請を行う部署の場合は残業が認められずサービス残業となっていることも少なくありません。

残業の申請方法などの実際の現場の声を聞いておくことも大切なポイントです。

残業の少ない病院探しのポイントは分かったけど、実際に転職探しをするのは大変…。

これらが残業が少ない病院の見分け方になりますが、1人で全てのポイントを参考にしながら転職先を探すのは難しいですよね。

転職アドバイザーに相談することで、上記にあげたポイントを満たす病院を紹介してくれるのでスムーズに転職活動を進めることができます!

リオ

転職で失敗しないためには?

職場の詳しい情報がないまま新しい職場に転職するのは、不安も大きいと思います。

転職に失敗しないためには転職先について調べておく必要がありますが、転職エージェントに相談することで、自分に合った転職先を紹介してもらえます。

リオ

看護師の転職は「看護師のお仕事」がオススメ



看護のお仕事は業界最大級の非公開求人を扱っており、看護師の転職をサポートしてくれます。

  • 全国各地に支店があり全国エリアに対応
  • 地域専任のコンサルタントが提案、サポート
  • 業界最大級の非公開求人を保有
  • 医療業界を熟知したキャリアコンサルタントがサポート
看護師として新しい職場への転職を考えている人は、看護のお仕事で相談することがオススメです。

希望条件にあった職場探しから面接のコツ、給料交渉までしっかりサポートしてくれるので安心です。

サポートエリアも全国と幅広く、医療業界を熟知した転職のプロのサポートが受けられるので、忙しい合間に転職活動をスムーズに進めることができます。

看護師の求人・転職・募集なら【看護のお仕事】
“"



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です