看護師1年目からクリニックに転職できる?転職先選びのポイント

アドバイザーのリオです。

1年目の新人ナースの中には、病院ではなくクリニックに転職したいと考えている人もいるのではないでしょうか?

病院は夜勤や残業でハードな環境なので、残業が少ないクリニックが魅力的に感じている人も多いはず。

今回は、1年目からクリニックに転職するための転職先選びのポイントについてお伝えします。

リオ

看護師1年目でもクリニックに転職できる

1年目の看護師の中には、今の病院を辞めてクリニックに転職したいと考えている人もいると思います。

中には「1年目でクリニックへの転職は難しいのでは?」と不安に思っている人も多いのではないでしょうか?

看護師1年目は経験と知識を身につけることが大切であり、経験がない看護師は転職が難しいと言われていますよね。

難しいと思われがちですが、看護師1年目でもクリニックに転職することは可能です。

リオ

看護師1年目の転職は不利?

1年目で辞めると転職先が見つかりにくい、3年は働かないと、などの言葉を聞いたことがあると思います。

看護師1年目での転職は不利に思われがちですが、1年目の看護師を積極的に採用したいと考えている病院・クリニックも多いです。

1年目の新人ナースを採用したいクリニックの考えは、下記の3点が挙げられます。

  • 吸収力が高くすぐに即戦力となってくれる
  • 成長して長く働いてほしい
  • 柔軟性が高く新しい環境にも早く馴染める

1年目の新人ナースの多くは20代前半であり、吸収力も高く慣れるのも早いため即戦力となってくれることを期待しています。

また、看護師不足が深刻な問題となっているため、成長して長く働いて欲しいと思っているクリニックも多いです。

スポンサーリンク

看護師1年目でクリニックに転職したい人の理由とは?

1年目の看護師の中でもクリニックに転職したいと考える人は多いですが、その理由とはどのようなものがあるのでしょうか?

  • 夜勤や日勤の不規則な生活リズムが辛くてクリニックに転職したいと思った。
  • 忙しい病棟の業務について行けなかったので、ゆっくり働けるところが良いと思って。
  • 病棟は残業が多くて帰れなかったので、家庭との両立を考えてクリニックを選びました。

クリニックに転職したいと考えている1年目の看護師は、上記のような理由が多く見られます。

特に、病棟の業務について行けず、忙しさが少ないクリニックを選ぶ人も少なくありません。
スポンサーリンク

看護師1年目でクリニックに転職するメリット

夜勤がないクリニックは魅力的ですが、看護師1年目でクリニックに転職するメリットを見ていきましょう。

夜勤がなく規則正しい生活が送れる

クリニックは病院とは違って夜勤がないので、規則正しい生活を送ることができます。

夜勤が始まり不規則な生活が辛いと感じている人も多いと思いますが、クリニックでは日勤のみになるので体力的にも楽になります。

夜勤が始まってから体調を崩してしまった人も多いのではないでしょうか?

リオ

患者さんとの関わりが増える

忙しい病棟では受け持ち患者さんの数も多く、1人1人の患者さんとの関わりが希薄になりがちです。

しかし、クリニックであれば比較的落ち着いて働くことができるので、患者さんとの関わりが増えます。

また、重症度が高い患者さんが少ないので、精神的にも楽な部分も大きいです。

年末年始や夏期休暇など休日が多い

病院は年中無休で営業しているため、年末年始や夏期休暇なども勤務があります。

長期休暇などを取れる制度もありますが、1年目の新人看護師は取得が難しく年末年始も夏期休暇も出勤が普通です。

クリニックであれば年末年始などは営業を行っていないので、ゆっくり休むことができます。

また、休診日も決まっているので病棟と比べると、年間休日も多い傾向があります。

看護師1年目でクリニックに転職するデメリット

クリニックへの転職はメリットばかりではないため、デメリットも把握しておくことが大切です。

看護師としてのスキルが身につかない

看護師1年目でクリニックへ転職してしまうと、看護師としてのスキルが身につきません。

クリニックは病棟と違ってアセスメントや看護技術を見につける機会が少ないため、看護師に必要な基礎が身につかないことが挙げられます。

点滴管理や退院調整、術後の管理などは病院でしか身につけることが出来ないので、経験不足になってしまうことが考えられます。

キャリアアップが難しい

病院であればリーダーを経験し、認定看護師や主任などのキャリアアップができますが、クリニックの場合は難しいです。

看護師としてキャリアアップしていきたいと考えているのであれば、クリニックへの転職は考え方が良いでしょう。

クリニックから病院への転職が難しい

病院で経験を積み看護技術の基礎が身についている人は、病院からクリニック、その後病院に転職しても問題ないことが多いです。

しかし、看護師1年目でクリニックに転職してしまうと、クリニックの次に病院への転職が難しくなってしまいます。

理由としては、基本的な看護技術が身についていないことなどが挙げられます。

このようにメリットだけでなく、デメリットもあるので理解しておくことが大切です。

リオ

看護師1年目でクリニックに転職するための3つのポイント

看護師1年目でクリニックに転職するために、知っておきたい3つのポイントについて見ていきましょう。

クリニックに転職したい理由を明確にしておく

クリニックへの転職を考えている人の中には、クリニックが楽そうだからなどの理由を持っている人もいると思います。

クリニックの業務は病棟とは違いますが、決して楽な仕事ではありません。

このような理由では、すぐに辞めてしまうと思われ採用されないことが多いです。

「なぜ病棟を辞めてクリニックへ転職したいのか」を明確にして、しっかり説明できるようにしておくことが大切になります。

目的を持った転職であれば、経験が浅いことがネックになることは少ないです。

看護師1年目の強みをアピールする

看護師1年目はキャリアも経験も、知識もない新人ですが、アピールできないわけではありません。

看護師1年目だからこそ、アピールできる強みを活かして面接に望むことが大切です。

  1. 若さ
  2. やる気
  3. 柔軟性
これらが看護師1年目の強みですが、若さはベテランナースにはない武器になります。

また、やる気や柔軟性は新人ナースだからこそアピールできる部分なので、しっかりアピールしましょう。

経験や技術のアピールが必要なのでは?と思っている人もいるかもしれませんが、技術や経験、知識は仕事をこなすうちに身についてくるものです。

それよりもクリニック側は、やる気や柔軟性などの人間性を見て採用したいと考えています。

クリニックの情報収集と見学を行う

クリニックの求人には様々なものがありますが、「経験が浅くてもOK!・残業なし」などの魅力的なキーワードが目に止まりますよね。

このようなキーワードが書いてあるから、自分に合った職場というわけではありません。

クリニックはスタッフの数も少ないため、人間関係や院長との相性が全てとも言われています。

安易に決めるのではなく、しっかり情報収集を行い、必ず見学をして雰囲気を見て検討することが失敗しないための方法です。

リオ

看護師として成長するために

新人ナースの中には、病院のハードな環境に耐えられないと思っている人も多いと思います。

看護師は専門職であるため経験やスキルを身につけることが必要になりますが、我慢してまで働く必要はありません。

我慢することによって体調を崩してしまい、働けなくなってしまうことも少なくないです。

看護師として成長するためには、自分に合った職場を探すことが大切になります。

転職で失敗しないためには?

職場の詳しい情報がないまま新しい職場に転職するのは、不安も大きいと思います。

転職に失敗しないためには転職先について調べておく必要がありますが、転職エージェントに相談することで、自分に合った転職先を紹介してもらえます。

リオ

看護師の転職は「看護師のお仕事」がオススメ



看護のお仕事は業界最大級の非公開求人を扱っており、看護師の転職をサポートしてくれます。

  • 全国各地に支店があり全国エリアに対応
  • 地域専任のコンサルタントが提案、サポート
  • 業界最大級の非公開求人を保有
  • 医療業界を熟知したキャリアコンサルタントがサポート
看護師として新しい職場への転職を考えている人は、看護のお仕事で相談することがオススメです。

希望条件にあった職場探しから面接のコツ、給料交渉までしっかりサポートしてくれるので安心です。

サポートエリアも全国と幅広く、医療業界を熟知した転職のプロのサポートが受けられるので、忙しい合間に転職活動をスムーズに進めることができます。

看護師の求人・転職・募集なら【看護のお仕事】
“"



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です